グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  研究室 >  研究内容

研究内容


このエントリーをはてなブックマークに追加

医薬品の開発を目指した有機合成化学

微生物や海洋生物などの天然素材から見いだされた化合物 (Natural Products) のなかには、医薬品として期待される生理活性を有する天然物が多く存在しています。しかし、多くの場合は極微量にしか得られないため医薬品のシーズとして適切なスクリーニングが行われていないことが現状です。有望な化合物は合成することで医薬品としての展開が初めて可能となるため、必要な量の合成供給は必須となっています。しかし、複雑な構造を有する天然物の効率的な合成は、既存の反応の単純な組み合わせだけでは達成困難なことが多く、問題の解決には合成全体を見据えたルートのデザインや短工程化などを可能とする新規反応の開発も必要となります。また、合成による供給は炭素原子一つのレベルでの構造?活性相関研究が可能となる利点があり、 天然物より活性の増強された化合物の発見も大きく期待されます。
画像クリックで拡大します

Toshiyuki Kan Research Group

Synthetic Organic & Medicinal Chemistry, School of Pharmaceutical Sciences, University of Shizuoka.

Research Summary
The major research efforts of our group are directed toward total synthesis of biologically active natural products and probing mechanism of its mode of action. Our target compounds possessed biologically activities, which are expected as a lead for drug development. In order to achieve total syntheses, we have also extensively investigated new synthetic methodologies. Additionally, we have been interested in the synthetic methodology for prove molecules which are essential for chemical biology. Our target natural product, probe molecules and synthetic methodologies described in below.